読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまで仕事してるの!ゲームしなさい!

ゲームで育った姉弟による、思い出を取り戻すゲームブログ。大人になってゲーム離れするなんてダメだー! 「好きなことを我慢しない!」「積みゲーを消化する!」「会社を辞めて毎日趣味を楽しむ!」それが可能な暮らし方を考え発信していくブログです。

[弟]ゲームの影響で中二病を拗らせたら長距離走で校内5位になった話

ゲーム 走る

中二病


いつの時代も生きるうえで避けては通れないもの。

幻想と現実との区別がつかなくなってしまう恐ろしい業。


時が症状を緩和してくれるが、
残酷なことに、静かな夜にはこの古傷がうずき「うわぁああぁ……。」と嗚咽を漏らし、悶える。


そうやって誰もが大人になっていくのだ。

-
-
-
-


みなさんも黒歴史の1つや2つありますよね?

しかし大人になった今でなら酒の肴となって、話を盛り上げられるモノだと僕は思っております。
(え? ならない?)



さて、中二病にもいくつかジャンルがあるようですが、
僕はもっぱらゲームによる影響が大きく、主人公に憧れてはそれっぽい真似をすることが多かったです。


中二病というとマイナスなイメージに捕われやすいですが、『よい中二病もあるんですよ?

今回は僕のよい中二病の思い出がひとつだけあるので、この場で紹介、もとい懺悔させてください。


f:id:gamestart:20170320191811p:plain




そう あれは確か高校2年の時。

部活に入っていなかったので、学校から帰っていつものようにゲーム、友達の家でゲームといった非常に有意義な毎日を過ごしていた僕は、
ゲームのエンディングに毎回感動するあまり、行き場のない感情が身体を支配していきました。


その感情が蓄積されるとどうなるか。 
…行動に表れるのです。


主人公のような屈強さに憧れて、中二病を患いました。



ちょうど家の近くに景色がよく設備の整った河川があるので、そこで2日に1回、登校前に早起きして6kmほど走りました。


完全にランニングコースを自分のステージだと勘違いしてましたね。
登校前にひと修行終えてきたんだぜ! という優越感。 僕はその1日、この学校で誰よりも強いと思いました。


これが大丈夫な中二病の例です。



そしてある朝の登校中。
ふと思いました。

ゲーム ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
ゲーム ファイナルファンタジーⅦ
ゲーム ドラゴンクエストⅧ

みんな剣しょって走ってるなぁ




さすがに剣は用意できないので、当時ギターをやっていた僕は、
翌朝から剣の代わりに、ギターケースを背負ってランニングに挑戦
エレキギターが傷むと分かり、3回程しかしてませんでしたが)



そして、朝ランニングを続けること半年後……。

校内の長距離大会がやってきました。


これは見せつける時! 好機!!



…マラソンなんかのスタート時点で、前を占拠してるやつらって有利じゃね?

と心の中で愚痴っていたら「よーいどん!」


駆け出す俺。

いくぜ!
マリオカートダブルダッシュで実践を積んできた俺にとって、スタートダッシュは朝飯前!!


くそッ! 前を占拠してたサッカー部の野郎ども、俺が作ったゴースト並のキレイなライン取りをしてやがる…!


……だが!
どんどん抜かすぜ!


中二病がモテるスポーツ部を制した瞬間である。

こちとら半年間ゾーラ川からハイリア湖畔まで駆けてんだ!



ん? 前に見えるのは…陸上部!

ボスのお出ましってとこか。 はえぇな、あいつらだけ200cc搭載してんじゃねぇか?


だが…陸上部といえども、誰にも遅れはとらせん…!

めざすゴールはただひとつ




そして……
努力?が実を結んだのか、まさかの5位にランクイン!


オラのゲーム脳パワーが勝ったぁぁああ!!




後日体育館棟の入り口に張り出されたランキングトップ10

1位山下陸上部
2位金子水泳部
3位木村バスケ部
4位高橋サッカー部
5位64弟

他は陸軍や海軍に所属しているのに、僕だけフリーなのが最高に主人公感があって、よかったです。


あっ部活のスカウトとか特になかったです。……




いやぁ〜 

いままで俺に勇気と希望を分けてくれた主人公達ありがとう!リンクありがとう!

ここまで来れたのはみんなのおかげだよ!

ワーッショイ!! ワーッショイ!!
ワーッショイ!! ワーッショイ!!
ワーッショイ!! ワーッショイ!!
ワーッショイ!! ワーッショイ!!……









f:id:gamestart:20160927220348p:plain お前バカじゃねーの?

広告を非表示にする