いつまで仕事してるの!ゲームしなさい!

ゲームで育った姉弟による、思い出&最新のゲーム・アプリ情報ブログ。 音楽やイラストなども使って、作品をもっと楽しみ掘り下げます!

学校をズル休みしてMOTHER2で遊んだ、かけがえのない2日間

f:id:gamestart:20160731225747p:plain

f:id:gamestart:20170523174027p:plain ゲーマー姉弟の64弟(@64_oto)です。
ちょっと思い出を語らせてください。


中学生のころの僕は、勉強よりもゲームゲーム!! でした。


ある月曜日。どうしても学校に行きたくないので、母に頼んで休ませてもらいました。

そうです。仮病です。


ただ寝ているだけでは退屈で時間がもったいないので、ゲームボーイアドバンスSPを取り出し、姉が買ってきたMOTHER1+2を装填しました。

【ネタバレ注意です!】


神ゲーと聞いていたソフト。
これから始まるワクワク感。
本来学校に行くはずが、家で自由にしている自分。

不思議な快感を覚えました。


憂鬱だった月曜日が大冒険のはじまりに変わるのです!!
当然でしょう!


そして布団にくるまりながら隠れてプレイするゲームは、
めちゃくちゃ最高です!! (SPのライト機能最高!! 充電機能最高!!)




MOTHER2のはじまり。

隕石落下により、深夜に目を覚ましたネス。外の様子を見に行くとなぜか警察がたくさん……。


まずこの時点でワクワクしませんか?
こどもの自分にとっての、深夜にコンビニやファーストフード店に出かけるワクワクに似ていたかもしれません。


隕石の調査に向かい、壮大な冒険のはじまりを告げられるネス。
家に着いたときには朝をむかえていた、半ば睡眠不足のネス。
空から降ってきた謎のカメラマンに写真をとってもらうネス。
MOTHER2の最初の町オネットにて、シャーク団のすみかであるゲームセンターに向かうネス。

なかなか順調に進んでいるのでは?!


そうそう、RPGというとドラゴンクエストファイナルファンタジーといった、ファンタジーなイメージが強かったので、MOTHERの日常的な世界観はかなり新鮮でワクワクさせてくれました。

『敵を倒してレベルを上げて、手に入れたお金で武器や防具を強化する』というRPGの醍醐味ももちろんあります!

また、敵を倒した後に「相手はわれにかえった」「相手はおとなしくなった」というメッセージが出るのですが、
今までの僕のゲームのイメージでは、倒した敵は死んでいて、つまり僕は敵を殺しているのだと思っていました。
なので誰も死なないMOTHERにとても優しい印象を抱きました。



不思議な能力である「PSI」のライフアップを覚え、サクッとオネットをクリア。
どんどん広がっていく展開に遅れずについていき、お待ちかねのヒロイン、ポーラが仲間に加わりました。
RPGといえばパーティ!! そしてポーラは攻撃PSIが充実しているので、かなり頼もしい!!)


あまりの楽しさに、布団に隠れてプレイするスタイルから完全に開き直って、そこからは昼食を摂りながらのプレイへ!!
(これに母は……特に気にも留めず鼻歌を口ずさみながら洗濯物を干していました笑)


MOTHERの物語の濃密で長いこと!! さすがに1日でエンディングを拝むことはできず……。
そしてその日休んだ分、明日が憂鬱でした。



翌朝、学校に行ったかというと……サボりました。

だって、火曜日は6時間目まであるし、1時間目から体育なんだもん……。
当時キライで歌いたくもない音楽の授業も3時間目に入っていたし……。

仮病だともろ分かりなのに、母はよく休ませてくれました。



よっしゃー!!ってなわけで、冒険の続き続き!


次の街、スリークにて大量発生しているゾンビ達に捕らえられ、
地下に閉じ込められてしまったネスとポーラ。

ポーラのテレパシーを受け、3人目の仲間、ジェフが立ち上がる!!


バルーンモンキーを仲間に加え、ダンジョン男を越え、
ついにネスとポーラのもとへ。
3人パーティが出来上がったところで昼食をとりました。
(食事中にゲロの妖精ゲップーを退治……。)


そしてスマブラDXでもおなじみのフォーサイドへ。

大きなデパートでショッピングを楽しんでいると、いきなり停電がおき、ポーラが攫われる事件が発生!!


探索中にフォーサイドの酒場についたネスとジェフ。

そして……
なんだここは!?

トラウm...ムムーーンンササイイドドへへよよううここそそ。


やっとの思いでムーンサイドを攻略。
ポーラが待つとされるモノトリービルへ。


なんとかポーラを連れ戻したネス達。
南国の町サマーズに着き、『ひしょちのジェラートという、いかにも美味そうなものを食べるご一行。

f:id:gamestart:20160731225751j:plain
※僕の考えたひしょちのジェラート(ラムネ + マンゴー)
(本日池袋サンシャインにて注文しました)


ひしょちのジェラートを食べると、場面が切り替わり、4人目の仲間プーのターン。

ランマにてムの修行を終え、テレポートにてネス達のもとに!!


「唐突だが、俺の名前はプー。きみたちとともに戦う者だ」 

……ホントに唐突だなオイ!!


4人目の仲間ができ、かなり心強い状況。
そして気付くとリアルタイムが夜に。(この日は結構進んだんじゃないか?)


そしてまた今日も休んだ分、明日が憂鬱に。

さすがに次の日までもズル休みをする訳にはいかず、翌朝はちゃんと登校しました。
「学校行かなきゃ……」という気怠い背中を、ネス達が押してくれた気がしました。

『みんなが学校に行っていた2日間、自分は大冒険に出ていた』という謎の優越感に浸りながら授業を受けました。


頭の中ではゲームの続きでいっぱいで、
「1秒でも早くネス達と冒険の続きに出たい!」
という思いから、部活に入っていなかった僕は脱兎のごとく下校。
冒険の続きにありつけましたとさ。


広告を非表示にする