いつまで仕事してるの!ゲームしなさい!

ゲームで育った姉弟による、思い出を取り戻すゲームブログ。大人になってゲーム離れするなんてダメだー! 「好きなことを我慢しない!」「積みゲーを消化する!」「会社を辞めて毎日趣味を楽しむ!」それが可能な暮らし方を考え発信していくブログです。

[姉弟]音ゲーアプリの楽曲クオリティ考察『アイドリッシュセブン』編

クオリティが高いと思った、人気の女性向け音ゲーアプリの楽曲を聴き比べる企画第3弾。
今回は感動ドラマチックアイドルストーリー『アイドリッシュセブンの楽曲について研究しました!


考察したアプリ一覧はこちら



【ご注意!】
これはあくまで音楽的な視点での評価です!
「わかってねえな~。この曲はこういう背景があるから良いんだよ」
などのご意見ももちろんあるかと思いますが、
単純に1つの曲として聴いた場合でレビューしています。


アイドリッシュセブン』とは?

ずっと高い人気を維持している話題のアプリ、通称『アイナナ』。
現在メインストーリー第3部の配信がはじまっていて、またアニメ化も決定しています。

漫画家:種村有菜先生がキャラクター原案を手掛けていることで有名です。


プレイヤー(ヒロイン)はアイドル事務所のマネージャーで、ガッツリではありませんが恋愛模様を含んだ乙女ゲーです。


アイナナ アイドリッシュセブン 無料アプリ 音ゲー クオリティ 楽曲 タイトル


とにかくストーリーのクオリティが高すぎると思います。
秀逸な伏線回収、感動的な展開の連続で、よく作り込まれたとても深いヘビーな話です。
さらにキレキレのギャグセンスと言葉の言い回し……。


アイナナ アイドリッシュセブン 無料アプリ 音ゲー クオリティ 楽曲 ストーリー シナリオ


その本編が全てフルボイスで、
声優さんがまたシナリオをうまく汲んで上手に読んでくれるので(当たり前かな……?)
とてもおもしろいです。人気に納得です。


アイナナ アイドリッシュセブン 無料アプリ 音ゲー クオリティ 楽曲 リズムゲーム


第2部から登場する先輩ユニット『Re:vale(リヴァーレ)』や、
第3部から登場するヤバい奴ら『ŹOOĻ(ズール)』の曲もこれから増えていくのが楽しみですね。


楽曲レビュー

さて、今回のアイドリッシュセブンの楽曲は音楽オタクの弟にどう響くのか!
姉が特に「いいな」と思っている3曲を弟に聴かせて、パートごとに研究し、評価してもらいました。


姉としては、少しアニメ感の強い楽しい曲から、本格的でオシャレ・しっとりした曲など、
どれもアイドルらしさを取り入れつつキャラソンとして作り込んであるなあと思います。

主人公ユニットの『IDOLiSH7アイドリッシュセブン)』は元気でカラフルな曲が、
ライバルユニットの『TRIGGER(トリガー)』はクールで大人っぽい曲が多いです。


『MEMORiES MELODiES』- IDOLiSH7

まずは、主人公たち7人によるユニット『IDOLiSH7』の勝負曲です!


※歌っている声優さんたちはこちら。
和泉 一織(CV:増田 俊樹)
二階堂 大和(CV:白井 悠介)
和泉 三月(CV:代永 翼)
四葉 環(CV:KENN)
逢坂 壮五(CV:阿部 敦)
六弥 ナギ(CV:江口 拓也)
七瀬 陸(CV:小野 賢章)


【公式MV】※フルで視聴可能です。アニメーションMVです。
www.youtube.com


メインストーリー第1部のエンディング曲となっていて、
それにふさわしい感動的なフィナーレ感があります。


イントロ
f:id:gamestart:20170523174027p:plain ギターカッコいいですね。
コーラスの掛け合いによって、盛り上がりとこの先の期待感が出てきます。

f:id:gamestart:20170523174030p:plain コーラスが最初はアルファベッドで入って、そこから強いコーラスになるのが良いですね。


Aメロ
f:id:gamestart:20170523174027p:plain Aメロらしい落ち着いたスタートです。
ファンキーなギターがイカしてますね。


Bメロ
f:id:gamestart:20170523174027p:plain ドラムパターンが4つ打ち(「ドンドンッ♪ドンドンッ♪」)になることで安定感と、次のセクションへの推進力を生んでいます。

f:id:gamestart:20170523174030p:plain 外連味のない、サビへのワクワクでいっぱいのBメロですよね。


ブリッジ
f:id:gamestart:20170523174030p:plain ブリッジは「さあ虹色に染めよう♪」からですね。

f:id:gamestart:20170523174027p:plain 全員で合わせるキメ(アクセント)を設けることで、気持ちよくサビへと突入していますね。
アイドル曲のサビ前はこのテクニックが効果的で、よく使われています。


サビ
f:id:gamestart:20170523174027p:plain 全員のまとまった歌声が調和されていて、アイドルらしいキャッチーな印象です。

f:id:gamestart:20170523174030p:plain のびのびと広がっていくイメージで、なんだかきらめくドームが目に浮かびます。

f:id:gamestart:20170523174027p:plain 切なげなメロディ「運命を奏でる〜♪」を、少し下げて繰り返す「最上の〜キズナ〜♪」、そうすることで、感動的な雰囲気にしてます。

f:id:gamestart:20170523174030p:plain あくまでサビはスーッと入ってきて、「運命を奏でる〜♪」のところがピークですよね。
ここのメロディはうるッときます。
ところどころ泣きメロのようなキラキラした音があるんだけど、これってなに?

f:id:gamestart:20170523174027p:plain パッドのことかな? カンタンに言うとシンセサイザー版のバイオリンです。


間奏
f:id:gamestart:20170523174027p:plain テクニカルなギターソロですね。
最初の4小節は、キメの上に乗せています。
その後の4小節は安定した伴奏の上に乗せていて、計8小節を飽きさせないように工夫しております。

f:id:gamestart:20170523174030p:plain 前半と後半でハッキリと違いが分かりますね!


Cメロ
f:id:gamestart:20170523174027p:plain Bメロを踏襲したヴォーカルメロディを、静かでキラキラとした伴奏に乗せています。
大サビへの期待を溢れさせるためによく使う手法ですね。


アウトロ
f:id:gamestart:20170523174027p:plain サビ後のコーラスパートは、最後の最後まで盛り上がりを引っ張ってくれてます。
まだまだ楽しみは終わらせないといった感じがしますね。

f:id:gamestart:20170523174030p:plain フィナーレ的な存在だよね。

f:id:gamestart:20170523174027p:plain そしてその後、爽やかに終わるエンドの感じも良いです。

f:id:gamestart:20170523174030p:plain 「今日はみんなありがとう!」って感じだよね!

f:id:gamestart:20170523174027p:plain ここで入ってくる切なげなギターも気持ちいい。


まとめ
f:id:gamestart:20170523174027p:plain 合唱となるとやはり、賑やかでパワーがあって良いですね。
明るく元気をもらえる歌詞がこの曲調にマッチしていて最高です。
ライブの最後に持ってくるべき曲ですね、会場はかなりヒートアップすると思います。

評価 f:id:gamestart:20170523174027p:plain f:id:gamestart:20170523174027p:plain f:id:gamestart:20170523174027p:plain f:id:gamestart:20170523174027p:plain f:id:gamestart:20170523174941p:plain



『LOVE&GAME』- 四葉 環、逢坂 壮五、十 龍之介

次は『IDOLiSH7』から派生したデュオ『MEZZO"』の二人と、
『TRIGGER』の十くんによるシャッフルユニットの楽曲です。


※歌っている声優さんたちはこちら。
四葉 環(CV:KENN)
逢坂 壮五(CV:阿部 敦)
十 龍之介(CV:佐藤 拓也)


【視聴動画】※公式動画がないため、上手な方がプレイしている実際のゲームの映像を……。
www.youtube.com
※フルバージョンはこちら


作中でも、他のメンバーから「さすがエロいな!」「エロいなー。」と
くちぐちに絶賛(?)されていた、セクシー路線の大人かっこいいメンツ&曲です。


イントロ
f:id:gamestart:20170523174027p:plain 「It's LOVE GAME♪」というフレーズ。
ヴォーカルから入るというアイドル曲にしては挑戦的なやり方ですね。

f:id:gamestart:20170523174030p:plain このフレーズはイントロでは環くんが歌っていて、
1番の終わりにも同じものがあって、そこでは壮五くん。
アウトロでは十くんが歌い、その後最後に3人で歌ってます。

f:id:gamestart:20170523174030p:plain 全員それぞれ上手です。

f:id:gamestart:20170523174027p:plain 下手な人がやると不細工な掛け声になりそうです。
さすが声優さん、みんな声の使い方分かってる。


Aメロ
f:id:gamestart:20170523174027p:plain 怪しくもうっとりするような雰囲気ですね。
ヴォーカルメロディも良く、流れるように聴けます。

f:id:gamestart:20170523174030p:plain ここ聴いていると、頭の中でグラスワインがゆらゆら揺れるんですけど。


Bメロ
f:id:gamestart:20170523174027p:plain 怪しい感じから真摯でメロディアスな雰囲気になりましたね。
Bメロらしい展開感を楽しめます。

f:id:gamestart:20170523174030p:plain Aメロでは静かだったのに、ここで感情的になっているよね。

f:id:gamestart:20170523174027p:plain 心地よい開放感がありますね。あくまで大人っぽく。
2番のKENNさんの歌い方もグッときます。


ブリッジ
f:id:gamestart:20170523174027p:plain 「ブレーキ〜なんて〜♪」からがブリッジですね。
ロディアスなBメロの感じから、徐々に盛り上がって行ってます。

f:id:gamestart:20170523174030p:plain サビ直前の「シュイーン♪」って音いいですね。
サビに向けて、魔法をかけるイメージです。


サビ
f:id:gamestart:20170523174027p:plain「Fall in Fall in Heart♪」を2回繰り返していますね。中毒性を生むためにやる手法として効果的です。
その後の「今〜♪見えるの〜は〜♪」も、今までの雰囲気を活かして、包み込んでいる感じがして最高ですね。

f:id:gamestart:20170523174030p:plain そこさ、KENNさんの「今〜♪」の後に、阿部さんの「見えるの〜は〜♪」がクロスしてきて、「愛し合いたい二人だけさ〜♪」に集結している感じが引き締まって好きです〜

f:id:gamestart:20170523174027p:plain ところどころ入るキラキラとした高音のベル音が気持ち良いですね。
オシャレな夜を表現しています。良い感じに浸れますね。


間奏
f:id:gamestart:20170523174027p:plain フルアコースティックギター、もしくはセミアコースティックギターですかね、この音を使ったソロはズルいです。

f:id:gamestart:20170523174030p:plain この「ペレッペッペペレン♪」って感じの音、ギターなんだ。
甘い飴玉のような味の音ですが……

f:id:gamestart:20170523174027p:plain こういう形したギターなんだけど。

f:id:gamestart:20170523174027p:plain ジャズなんかによく使われるギターです。
このギターの特徴的なこもり気味の柔らかい音は、甘い雰囲気にピッタリなんですよ!
この曲にも馴染んでいて、オシャレな雰囲気を助長させてくれています。


アウトロ
f:id:gamestart:20170523174027p:plain イントロやサビ後で使用した「It's LOVE GAME♪」を持ってくることで、統一感を出したキレイな終わり方をしていますね。


まとめ
f:id:gamestart:20170523174027p:plain 歌唱力といいヴォーカルに文句のつけどころがなく、曲に良くマッチしています。
歌詞も曲の怪しい感じ、危険で甘い感じに溶け込んでいて素晴らしい。
大人な雰囲気のアイドル曲っていいですよね。

評価 f:id:gamestart:20170523174027p:plain f:id:gamestart:20170523174027p:plain f:id:gamestart:20170523174027p:plain f:id:gamestart:20170523174027p:plain f:id:gamestart:20170523174943p:plain



『NATSU☆しようぜ!』- IDOLiSH7 feat.TRIGGER

この曲はアイナナのストーリーの中で重要な、訳アリの曲です。
本来は『IDOLiSH7』によるシングルだったはずが、いろいろあって『TRIGGER』が歌うことになりました。
そのため、かなりIDOLiSH7寄りの元気でポップなテイスト。

それをIDOLiSH7とTRIGGERが全員揃って歌っているバージョンがこれです。


※歌っている声優さんたちはこちら。
和泉 一織(CV:増田 俊樹)
二階堂 大和(CV:白井 悠介)
和泉 三月(CV:代永 翼)
四葉 環(CV:KENN)
逢坂 壮五(CV:阿部 敦)
六弥 ナギ(CV:江口 拓也)
七瀬 陸(CV:小野 賢章)
八乙女 楽(CV:羽多野 渉)
九条 天(CV:斉藤 壮馬)
十 龍之介(CV:佐藤 拓也)


【視聴動画】※公式動画がないため、またまた上手な方がプレイしている実際のゲームの映像を……。
www.youtube.com
※フルバージョンはこちら


今回は豪華に10人全員で歌っているバージョンを選びましたが、
TRIGGERによる3人バージョン、IDOLiSH7による7人バージョンも出ています。
少しずつ歌詞やアレンジも違っていたりして聴き比べるのが楽しいですよ!


イントロ
f:id:gamestart:20170523174027p:plain 出だしにキメ(アクセント)をふんだんに使っていて、賑やかな雰囲気ですね。
その後、タイトルでもある「NATSUしようぜ〜♪」のフレーズを明るいメロディに乗せて繰り返すことで、曲のコンセプトを印象づけ、楽しげな雰囲気を生み出しています。

f:id:gamestart:20170523174030p:plain 「刺激的♪」でピタッと止まる感じがまた技ですよね!


Aメロ
f:id:gamestart:20170523174027p:plain Aらしい落ち着いたヴォーカルライン。
「ジャジャジャジャ♪」と刻むバッキングギターがよいドライブ感を生んでいます。

f:id:gamestart:20170523174030p:plain 歌詞にもある通りハイな気分に誘導してくれますね。

f:id:gamestart:20170523174027p:plain 計16小節という長いセクションですが、9小節目「ドライブだって♪ 波乗りだって♪」から早口めに歌うことでマンネリ化を防いでいます。
2番では「ちょ! ま!」のところにブレイクを仕込むことで、ここでも飽きさせない工夫が施されていますね。

f:id:gamestart:20170523174030p:plain ブレイクっていうのは音が静かになるところのことでしたよね。

f:id:gamestart:20170523174027p:plain そしてところどころ入る合いの手(「So!」とか「Yes!」)が盛り上げてくれます。


Bメロ
f:id:gamestart:20170523174027p:plain Aメロとは対照的に、ゆったりとしたヴォーカルメロディと、刻んでいたギターがロングトーンになることで、Bメロらしい展開感を醸し出してます。

f:id:gamestart:20170523174030p:plain いうなれば、Aメロでは砂浜を走ってたけど、Bメロではパラソルの下で涼んでいるような感じかも!


セリフ(ラップ)
f:id:gamestart:20170523174027p:plain セリフパートという工夫はキャラソンらしくなっていいですね。
キレのある合いの手が爽快で、盛り上げてくれますね。

f:id:gamestart:20170523174030p:plain この曲では、この部分がサビへと繋ぐブリッジの役目も担っているんだね。


サビ
f:id:gamestart:20170523174027p:plain 広がっていく感じが心地よいですね。
はじけるようなボーカルや、オープンな雰囲気のオケといい、期待を裏切らない盛り上がりを見せてくれています。

f:id:gamestart:20170523174030p:plain さっきのセリフのところは音を少なくしていたので、そのギャップでこのサビが輝いている気がします。

f:id:gamestart:20170523174027p:plain サビの後に、イントロでも使用した「NATSUしようぜ〜♪」パートを持ってくることで、曲を固めてきています。
これも盛り上げる工夫ですね。


間奏
f:id:gamestart:20170523174027p:plain なんだか上昇していくような感じの間奏です。
でもそのすぐ後にある「Breaking Breaking Breaking Naked♪ Let's dance♪」の部分は僕は必要ないんじゃないかと思います。
お! その後はギターとシンセのソロですね!
テクニカルなラインと音作り、かなり夏感が出ていますよ! 爽やかでアゲアゲですね。

f:id:gamestart:20170523174030p:plain ということは、最初の上昇するところとギター&シンセソロの流れで聴きたかった感じ?

f:id:gamestart:20170523174027p:plain う〜ん。しかし何度も聴いていると「いやアリかも」となってくるので、不思議なものですね。


アウトロ
f:id:gamestart:20170523174027p:plain イントロやサビ後でも使用した「NATSUしようぜ〜♪」パートに+で最後に「駆〜け〜抜けるぜ♪」で締めています。
統一感ある印象で楽しく終わります。


まとめ
f:id:gamestart:20170523174027p:plain 作り込まれた間奏などのセクションや、
アゲアゲの夏というテーマに対して、余念が全くなく一貫しています。
ナツしたい気分をあげてくれますね!

評価 f:id:gamestart:20170523174027p:plain f:id:gamestart:20170523174027p:plain f:id:gamestart:20170523174027p:plain f:id:gamestart:20170523174027p:plain f:id:gamestart:20170523174943p:plain


総合評価・まとめ

総合評価 f:id:gamestart:20170523174027p:plain f:id:gamestart:20170523174027p:plain f:id:gamestart:20170523174027p:plain f:id:gamestart:20170523174027p:plain f:id:gamestart:20170523174943p:plain

f:id:gamestart:20170523174027p:plain 甘い雰囲気も元気でアゲアゲなジャンルもかなり作り込まれていて、それぞれの曲が完成度高いです。
ゲーム内では、物語の進行にあわせて該当する曲をプレイ出来るようになっていますが、アニメでの演出も楽しみです。


ここまで読んでくださってありがとう!


声優さんがみんなキャラのままの声を大事にして歌っている、とてもいいキャラソン×アイドルソンですね。

アイナナはとにかくストーリーがすばらしく、読まないと気の毒なレベルです。
もはや女性音ゲーマー必修科目なのではないかと思います。



次回は『バンドやろうぜ!』の曲を考察します。
お楽しみに!

gamestart.hateblo.jp

広告を非表示にする