読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまで仕事してるの!ゲームしなさい!

ゲームで育った姉弟による、思い出を取り戻すゲームブログ。大人になってゲーム離れするなんてダメだー! 「好きなことを我慢しない!」「積みゲーを消化する!」「会社を辞めて毎日趣味を楽しむ!」それが可能な暮らし方を考え発信していくブログです。

[姉弟]ゲームのお供に食べまくった、今は懐かしきお菓子達

雑記・お知らせ

ゲーム お菓子 駄菓子
(※左上から順 どうぶつの森シリーズより 純喫茶ハトの巣のコーヒー、ポケモンXYより ポフレ、ポケモンDPより ポフィン、星のカービィシリーズより 元気ドリンク、MOTHERシリーズより いちごとうふ、ゼルダの伝説シリーズより 魔法のマメ、マリオストーリーより せんざいケーキ、どうぶつの森シリーズより フォーチュンクッキーヨッシーのクッキーポケモンルビー・サファイアより ポロックドンキーコングシリーズより バナナ、星のカービィシリーズより 無敵キャンディー、ポケモンシリーズより ふしぎなアメ


f:id:gamestart:20160927220347p:plain 今日もアンドルフ倒しに行くぞ〜!

f:id:gamestart:20160927220348p:plain え〜ピクミン進めようよ〜

f:id:gamestart:20160927220347p:plain じゃあ1回アンドルフ倒したらピクミンやろう!

f:id:gamestart:20160927220348p:plain うん! あ、そうだ! その前にお菓子買ってこー!

f:id:gamestart:20160927220347p:plain おお!


-
-
-
お菓子を食べながらプレイするゲームといったら、あの頃の僕たちにとって至高の時間でして、
子供でも手が出しやすいお手頃なお菓子を買っては、ゲームをしながら食べてました。
(まあ今でもお菓子をむさぼりながらゲームするんですけどね)


今回はそんな僕達が子供の頃、ゲームのお供に頻繁に買っていたお菓子を紹介していきます!



母「夕飯残さず食えよ?」


10円〜50円の部

蒲焼さん太郎/酢だこさん太郎/焼肉さん太郎/のし梅さん太郎

駄菓子のエース。みんなここから


10円という子供に超良心的価格なので、小学校低学年の頃は本当にお世話になってました。
それぞれ2枚ずつ買って分け合ったり。
しかしまぁ飽きもせず、めっちゃ食ってたなぁ。


そして姉がのし梅さん太郎の虜でした。




うまい棒

こちらも同じく10円なので、お世話になりました。


買う味はチーズ味コンポタージュ味めんたい味がほとんど。

今でも、うまい棒をとりあえず買っておけば友達も喜びます。




モロッコ フルーツヨーグルト

これ結構うまいんですよね。そしてこちらも1つ10円


専用の小さい木のスプーンがついてくるのですが、容器の底についたクリームはスプーンだとすくいづらいので、
結局指ですくってキレイに食べ、ベトベトになった手でコントローラーをさわります。




チョコバット

最初「棒状のパン生地にチョコをコーティングしただけかよ〜」と侮っていましたが、
実際食べてみるとコレがめちゃくちゃうまくて、何度もリピートしました。


こちら当たりくじが付いてるお菓子でして、(当たるとまた1本もらえる)
あの頃は1度も当たらなかったのですが、先日姉が簡単にホームランしてました……。




ガブリチュウ

ハイチュウ状のお菓子。
コーラ味グレープ味など種類があるうえ、
値段の割に意外とボリュームがあり咀嚼時間も長いため、その分美味しさを堪能できるのでよく買ってました。




すっぱいぶどうにご用心/すっぱいレモンにご用心

3個のうちの1個がすっぱい元祖ロシアンルーレット
けれどそのすっぱい1個のほうが人気でした。

3人で遊ぶ時なんかはミニゲームみたく楽しめるので重宝してました。




ベビースターラーメン

小袋のやつは当時は30円だった気がします。
スタンダードなチキン味も美味しいですが、僕的にうましお味が格別でした。




ココアシガレット

当時、友達のあいだで『カッコつけ』と言われていたお菓子。
大人のふりをして口にくわえてましたとも。

あの絶妙な風味はたまに食べたくなるので、実は今でもちょくちょく買ってます。




どらチョコ

どら焼き型のお菓子が2個入ったやつ。
餡ではなくチョコなんですよね。

僕はこれが大好きで、毎回必ず買ってました。超懐かしい




ポテトフライ フライドチキン味

これ超うまいんだよなぁ。
30円という値段の割に、サクッサクッでたまらん美味しさのが4枚も入っているので、よく買ってました。

しかしこれポテチみたいな大きめの袋で発売すれば最高だと思うんですよね。



50円〜100円の部

キャベツ太郎

100円で買えるうえ、かなりの量が入っているので、お得な感じがします。


やはり量が多いので、ひとりで食べるとなると半分ほどで飽きるのが本音。
ですが、大人数の場にはもってこいのお菓子です。




カール

小さい鬼とカールおじさんのCMが今でも鮮明に思い浮かびます。
こちらも大人数の場にはもってこいのお菓子ですね。

チーズ味が主流だと思っていたのですが、いろんな種類の味が出てたのですね。




ジューC

ラムネ菓子の中で一番食べてました。
味は確かグレープ味サイダー味があったと思います。


60円ほどで買える手頃さと程よい量とで、よく買ってました。
(自分の知っているパッケージデザインは変わっちゃいました)




コーンポタージュ

これも美味しんですよね。
味はうまい棒のコンポタージュ味にそっくりですが、食感はこちらのほうがやわらかめでしっとりとしていて美味しい。
(小袋サイズのは30円ほどで売っていたことにも驚き)



さいごに

たま〜に父がワンランク上の、カントリーマアムといったお菓子を大量に買ってくることがあり、
その際には姉弟で跳びまわって喜びを表現しました。


あとゲームのお供にはしなかったのですが、
ねるねるねるね系の作るお菓子(サイバー菓子といわれているそうです)の新商品が出るたびに、まちのおかしやさん(現:おかしのまちおか)に走ったものです。


子供ながらに財布と相談してお菓子を買っていたのは良い思い出です。

しかしなんであの頃は「大人になったら大好きなお菓子買いまくるぞ!」と意気込んでいたのに、
いざ大人になってみるとお菓子に興味がなくなってしまうのでしょうか。



広告を非表示にする